株式会社ソフツー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鍾 勝雄)は、81日(月)より、クラウドCTIコールセンターシステム「BlueBean」の新Ver.10の提供を開始いたします。

 BlueBeanは今回のメジャーバージョンアップに伴ってユーザインターフェイスを一新し、今後もさらなるユーザービリティの向上を実現すべく、感覚的な操作で簡単に設定内容の確認・変更ができるように改善を重ねる予定です。また、新機能も追加しコールセンター/コンタクトセンターの更なる業務効率の向上やコスト削減を可能にしていきます。

BBv10管理者ログイン

■基本機能はそのままに直観的な操作が可能な UI に刷新
BlueBeanはコールセンターに必要なPBXCTICRMの機能が搭載されています。色々な機能が備わっており、痒いところに手が届く細かい設定が可能です。
今回リリースしたバージョンは、従来の基本機能はそのままで操作性を向上しました。

■設定項目をサイドメニュー化したことで従来よりも視認性が向上
上部に配置していた設定項目をサイドに移動し、各設定の項目を全て確認することが出来ます。
また、自分がどこの設定をしているのか一目で認識ができるUIなので、設定の変更が必要な際にスムーズに行うことが可能です。

BBv10リアルタイムモニタ

 

Ver.10に追加された主な機能】 

■オペレーターアカウント一括作成
オペレーターアカウント一括作成機能は、コールセンターシステムの初期設定の手間を大幅に削減できる機能です。
中~大規模コールセンターでは、在籍するオペレーターの人数も比例して多くなります。そのため、コールセンターシステム導入直後の初期設定時にオペレーターの登録・設定に時間をとられてしまう問題を抱えています。
この機能をご利用いただければ、一度に200名分のアカウントをCSVデータから取り込み、そのままACD設定も一括で行うことができるので、作業効率を大幅に向上させることが可能になります。

BBv10オペレーターアカウント一括作成

 

■強制ログオフ機能
オペレーターが受電可能なステータスのままうっかり休憩に行ってしまう事は、コールセンターでよく耳にする話ですが、なかなか解消できない課題でもありました。
今回追加された強制ログオフ機能は、オペレーター本人が不在の状況でも着信が入らないよう、管理者側で強制的にログオフをすることが可能です。

BBv10強制ログオフ機能

ver10.0.0より前のBlueBeanをご利用のお客様は、新たにご契約いただくことでver10.0.0以降のご利用が可能です。

BlueBeanについて
BlueBeanは、アウトバウンドおよびインバウンドをはじめとして様々な業務にマルチに対応できる高機能CTIをコンセプトに、アカウント数やブース数ではなく外線との同時発着信数をベースとした価格体系で低価格での提供を可能にしたクラウド型コールセンターシステムです。コールセンターで求められるCTI機能が月額1万円から導入でき、あらゆる規模の電話業務に最適なソリューションです。
BlueBean公式ページ:https://www.bluebean365.jp/

株式会社ソフツーについて
株式会社ソフツーは、コーポレートスローガン”Voice for innovation”をかかげ、通信技術・通話技術の発展とともに、社会へ新たな価値を提供する会社です。クラウド型コールセンターシステムサービス事業、ホテル用電話機販売事業など、音声通話ソリューションを中心としたさまざまなサービスを行っています。
株式会社ソフツーコーポレートサイト:https://www.softsu.co.jp/