プレディクティブ発信とは、オペレーターが発信操作をすること無く、システムが自動で発信する機能です。
※プレディクティブ発信の詳細はつぎの記事をご覧ください。
【プレディクティブ発信とは】活用方法・メリットを徹底解説!

BlueBeanにはこのプレディクティブ発信(自動発信)の機能が標準搭載されております。
アウトバウンド業務をしている企業様には、業務効率があがったと好評いただいている機能なので、
今回は、BlueBeanのプレディクティブ発信機能の仕組みとオペレーター画面の操作についてご案内します。

1.プレディクティブ発信の仕組み

BlueBeanのプレディクティブ発信は、顧客リストに次々発信し電話に出たお客様のみをオペレーターに繋げます。

プレディクティブ発信

電話に出たお客様は、ステータスをオペレーターが任意で変更することで、再架電の管理や特定の集計項目としてレポートに反映させることができます。

BlueBeanオペレーター画面での再架電リスト表示

また、電話に出なかったお客様は自動で再架電をし、デフォルトで登録されているステータスに変更されます。
電話に出なかったお客様に対して、何回電話をかけるかを設定することができるので、規定回数発信後はステータスが変更され該当のお客様への発信が停止します。

プレディクティブ発信ステータスの流れプレディクティブ発信を行った場合の顧客リストをインポート⇒発信が終わるまでのステータスの流れ
※最大架電回数を2回で設定した場合

リスト完了後も、特定のお客様だけを絞り込み(電話に出なかったお客様のみ等)、再度プレディクティブ発信することも可能です。(BlueBeanではこの作業を再リスト化と呼んでいます。)

2.オペレーター画面の操作

オペレーターは、ログイン後「受付可」にすることで、自動発信が開始されます。

プレディクティブ発信受付可


お客様につながると「プッ」と音が鳴った後、顧客情報が表示され通話が開始されます。

プレディクティブ発信通話開始

 

お客様の情報を確認しながら、会話を進めます。
通話が終了しましたら、顧客対応記録を記載し保存し完了です。

プレディクティブ発信通話終了

 

3.プレディクティブ発信のメリット

今回は、仕組みとオペレーター画面での操作方法についてお伝えしました。

BlueBeanのプレディクティブ発信は、オペレーターが対応しなかったお客様のステータスの変更も自動で行ってくれるので、お客様へ必要以上の発信を防ぎます。

オペレーターはお客様の電話番号を1つ1つ入力する必要が無いので、
・誤発信の防止
・別のお客様情報を表示してしまうケアレスミスの予防
・お客様が出るまでの待ち時間短縮
ができ、オペレーターの業務効率化を図れます。

また、他社の顧客管理システムとBlueBeanを連携してプレディクティブ発信をご利用いただいている企業様もいらっしゃいますので、現状の顧客管理システムを簡単に変更できない場合でもぜひご相談ください。

次回は、管理画面でできるプレディクティブ発信の設定をご案内します。

BlueBean(ブルービーン)の費用

BlueBeanは、アウトバウンド・インバウンド共に対応している機能が標準搭載されている、オールインワンのクラウド型コールセンターシステムです。

費用も低価格の1ライセンス5,000円/月で2ライセンスからお申込いただけますので、小規模から始めたいお客様にもご好評いただいております。
ぜひ、料金シミュレーションで費用をご確認ください。

試してみたい方は無料デモをご利用ください。

今すぐ、無料デモ環境をお試しください!

まずは使ってみたい方へ無料で試してみる